治療・症例

治療・症例

マイクロスコープでの所見例

この患者様は、1年以上治療を続けても治癒しないため来院された患者さんです。
原因である歯根に亀裂・破折が生じていることがマイクロスコープを使用したことで確認できました。
この原因に対する治療を施すことで治癒します。

マイクロスコープでの所見 マイクロスコープでの所見
マイクロスコープでの所見 マイクロスコープでの所見
マイクロスコープを使用することで歯根内部の深い所に神経が2本存在していることを確認できました。(ブルーの枠内) マイクロスコープで観察すると歯の中に亀裂が入っていることが分かります。
(※ブルーの枠内中心の黒い線のようなもの)

この患者さんは、1年以上治療を続けても治癒しないため来院された患者さんです。
原因である歯根に亀裂・破折が生じていることがマイクロスコープを使用したことで確認できました。
この原因に対する治療を施すことで治癒します。


マイクロスコープ治療を行い治癒に導いた症例1

レントゲン撮影 小さい治療器具を発見 歯根内部の治療器具を除去
レントゲン撮影を行ったところ歯の中に治療器具が存在することが分かります。 (ブルーの枠内)   マイクロスコープを使って細くて小さい治療器具を発見しました。
(ブルーの枠内、中心※肉眼での確認は不可能です。)
  マイクロスコープと専用器具を併用して歯根内部の治療器具を除去しました。
       
レントゲン撮影 細菌を確実に除去しました レントゲン撮影
再感染予防の為、歯の内部にお薬を入れて終了です。
(※レントゲン写真に写っている白い棒状の部分がお薬です)
  マイクロスコープで確認しながら細菌を確実に除去しました。   レントゲン撮影をして治療器具が完全に除去できたこと確認しました。
       
治療後6ヶ月後のレントゲン写真        

治療後6ヶ月後のレントゲン写真
溶けたあごの骨の治癒を確認出来ました。

       

ページのトップへ

マイクロスコープ治療を行い治癒した症例2

歯の内部 細菌を除去している途中 歯の中の汚染物質・細菌を完全に除去しました。
歯の内部をマイクロスコープで確認し ています(多くの汚染物質が確認できます)   マイクロスコープを使用することで歯のなかの細菌を除去している途中です   マイクロスコープを使い歯の中の汚染物質・細菌を完全に除去しました。神経の管の入り口が3つあることが分かります。

マイクロスコープ治療を行い治癒した症例2

初診
数日前に腫れ、噛むと痛いため来院されました。
  術中
歯肉剥離掻把治療を行い歯根が破折(矢印部分がヒビが入り割れている)している事を確認して破折線の接着による治療を行いました。
  術後
金歯による修復を希望されたので金による被覆をして終了しました。 その後、硬い物だけは注意して食事をしていただいています。

レーザーを併用したマイクロエンド治療1

根の治療に1年以上通院するも症状が改善しない為、当クリニックを紹介され来院されました。

歯根内部 歯根内部 歯根内部 歯根内部
歯根内部を詳細に調べています。 歯根内部に大量の出血が生じていることが分かります。 レーザー照射を行い歯根内部を殺菌し止血に成功しました。
初診 レーザーマイクロエンド終了時 MTAセメント充填
初診 レーザーマイクロエンド終了時 MTAセメント充填
初診時のCT画像
初診時のCT画像

レーザーを併用したマイクロエンド治療2

以前治療された場所から出血を認めます 病巣部にレーザーを照射しています レーザー照射による患部の殺菌止血が確認できます
以前治療された場所から出血を認めます。   病巣部にレーザーを照射しています。   レーザー照射による患部の殺菌止血が確認できます。

歯根内部に残留した治療器具を除去することに成功したマイクロエンド治療1

前医より当医院に患者さんの歯根内部で折れてしまった治療器具の除去依頼を受けました。
当医院に紹介状を持参されてお越しになられました。

10倍拡大 16倍拡大 歯根治療専用超音波チップを併用して器具を浮き上がらせています。 歯根治療専用超音波チップを併用して器具を浮き上がらせています。
(左)10倍拡大/(右)16倍拡大
歯根内部にスチール製治療器具が取り残されていることが分かります。
(残留した治療器具が、画像のブルー枠内に見えます。)
  歯根治療専用超音波チップを併用して器具を浮き上がらせています。
歯根内の深部に貯留した器具が浮き上がってきています。 歯根内の深部に貯留した器具が浮き上がってきています。 残留器具を根管内上部に浮き上がらせる 最後はピンセットで容易に除去できました。
歯根内の深部に貯留した器具が浮き上がってきています。   残留器具を根管内上部に浮き上がらせることができたため、最後はピンセットで容易に除去できました。

ページのトップへ

歯根内部に残留した治療器具を除去することに成功したマイクロエンド治療2

初診時 マイクロエンド治療後
初診時 マイクロエンド治療後
歯根内部で折れてしまった治療器具を除去をする依頼を受けました。
(ブルー枠の中心にあるのが残留した治療器具)
患者さんの負担を考慮して、最小限の治療方法で残留した治療器具を歯根内部から取り出すことに成功しました。

マイクロエンド治療例1

患者様は、8ヶ月以上治療を続けるも症状が改善しない為、前医から当クリニックを紹介され遠方より来られました。

初診時所見 根管専用超音波チップを使用し細菌感染した歯質を除去していく 根管内 根管内の感染部を完全除去
初診時所見   根管専用超音波チップを使用し細菌感染した歯質を除去していくと原因とされる根管(神経の管)を見つけることができました。 (ブルー枠の中心付近にあるのが新しく発見された根管)   発見した根管内を専用器具で治療しています。   根管内の感染部を完全除去
術前 術後9ヶ月
術前 術後9ヶ月
根管内の細菌感染により根の周りの骨が溶けています。
(画像のブルー枠)歯を支えてる骨が溶けて黒くなっていきます。
骨の再生を認め治癒が確認できます。
(画像のブルー枠)
骨の再生に成功して健康な状態に回復してきていることが分かります。

マイクロエンド治療例2

10倍拡大所見 24倍拡大所見
マイクロエンド治療後
10倍拡大所見 24倍拡大所見 マイクロエンド治療後
歯根内部を薬剤で洗浄すると、発泡していることを確認できます。
発泡部位は細菌の温床部位でありその場所を処置しなければ治癒が望めません。
  発泡している場所は歯根ではなく歯根の上に位置する髄室と呼ばれる壁の一部であることが確認できました。
この事から、以前の治療による詰め物の場所からのマイクロリーケージが生じている事が原因であると断定できました。
   
術前 術後6ヶ月
術前 術後6ヶ月
根の周囲の骨が溶けて無くなっていることが分かります。
(ブルーの枠内)
骨の再生が生じて健康な状態に回復したことが確認できます。(ブルーの枠内)

ページのトップへ

エンドサージェリー治療により治癒

(一度患歯を抜いて口腔外で病巣部を切除し薬剤を填入した後に元の場所に戻す外科的治療)

初診時 マイクロエンド終了時 患歯を傷が付かないように丁寧に抜きます。 抜きました。
初診時   マイクロエンド終了時
(症状が完全に消えない為、エンドサージェリーを行います)
  患歯を傷が付かないように丁寧に抜きます。   抜きました。
抜いた患歯の状態を調べ病巣部のみを切除します。
抜いた患歯の状態を調べ病巣部のみを切除します。
病巣切除した所に適切な薬剤(MTA)を使用します。 病巣を切除した患歯を元の場所に戻しました。
病巣切除した所に適切な薬剤(MTA)を使用します。   病巣を切除した患歯を元の場所に戻しました。    
マイクロエンド終了時 エンドサージェリー直後
再生後5年後
マイクロエンド終了時 エンドサージェリー直後 再生後5年後
(症状は依然続いています。そのためエンドサージェリーを行います)   病巣切除した部位に薬剤が適切に留まっていることが確認できます。
(ブルー枠内)
  骨の再生が認められたため完全治癒を確認できました。
マイクロスコープ・根管治療・根の治療・神経の治療 マイクロスコープ・根管治療・根の治療・神経の治療

エンドサージェリー治療により治癒2

被せ物をした歯の違和感により来院されました。

歯肉が腫れています。 膿が出ています。 病巣部は除去されました。 MTAセメントが緊密に充填されていることが確認できます。
初診時、 歯肉が腫れています。
(ブルーの枠内)
  マイクロエンドでは改善しない為、エンドサージェリー治療を行います。 膿が出ています。(ブルーの枠内)   歯肉の下にある病巣部を除去しています。
病巣部は除去されました。(ブルーの枠内)
  病巣部を除去した後、マイクロスコープ下にてMTAセメントを使用し、細菌感染経路を遮断できた事を確認しています。MTAセメントが緊密に充填されていることが確認できます。(ブルーの枠内)
術前 エンドサージェリー直後
3ヵ月後
術前 エンドサージェリー直後 3ヵ月後
  骨の再生が認められます

歯根の治療(歯の根の治療)は時間をかけて丁寧に行っていかなければその後せっかく被せた高価な美しい被せ物が台無しになってしまいます。
それは歯根が再感染してしまい(再び細菌が歯根の中に入ってしまうこと)アゴの骨を溶かして腫れや痛みを伴う症状が生じます。この様な状態になると、せっかく被せた物を壊して除去しなければなりません。除去した後に専用の器具を使って歯根の中を治療していきます。
このことは、費用と時間はもちろん歯に与えるダメージ、患者さんにかかる精神的な負担は大変大きいものであることは想像できます。
歯根の治療に限ったことではないのですが再治療というものは、精神的苦痛や肉体的苦痛は大変大きいものです。

私どもは、歯科治療の基礎である歯根の中の治療を十分に時間をかけて丁寧に行うことで被せ物を患者様の体の一部として長い間使っていただけると確信しております。
その後、患者様の過ごされる食生活が豊かな満足のいく一助として担っていくことができれば幸いであると考えています。



予約はこちらから

ページのトップへ